会社案内

ISO取得・SDGs

ISO取得

グリーンカンパニーを目指して

欧米の企業社会では優良企業としての重要な条件は「グリーン・カンパニー」であるとの認識が浸透しています。

「自然環境に対して我々はどういう影響を及ぼしているか」を調査し、自社による地球汚染環境度を公表、その対応を具体的に実践している真に環境にやさしい企業が21世紀に生き残れるというのです。
グリーン・カンパニー(環境優良企業)になるには「環境適合」型の経営が不可欠です。
環境規制を先取りして行動するのはもちろん、その思想を的確にユーザー、そして社会(国際的)に伝える姿勢です。

タナベ環境工学は創業以来一貫して環境問題に取り組んできました。この間にさまざまな技術、ノウハウを開発・蓄積。どのような要望にも対応できる態勢を整えております。

ここ数年我が国でも政府をはじめ、地方行政、民間企業また一般の人々まで本気になって環境問題に取り組むようになってきたのは、正に我が社の経営理念と一致するものです。

21世紀型企業としての経営戦略は業種を問わず環境問題を基本におくことです。
そのためにも「ISO14000」シリーズ認証の重要性があります。

タナベ環境工学をそのためのパートナーとしてお役立てください。

ISO14000シリーズとは

1992年の地球サミットと前後して、環境マネジメントシステムの考え方の重要性とそれを導入する事の必要性が国際的に認識されてきました。

この環境マネジメントシステムは、地球環境を保護し、持続可能な発展を実現していくために事業活動を環境の側面から多角的に管理するものです。

言い換えれば、環境問題への対応を企業経営の中心課題の一つとして捉え、将来の地球環境保全をも考慮した環境計画を立案し、それを実現するための方針、目的、目標を定め、具体的に実行するための組織、体制を整備し、運営管理する事を目的としています。

ISO9001シリーズとは

ISO9001とは、組織が品質マネジメントシステム(QMS: Quality Management System)を確立し、文書化し、実施し、かつ、維持すること。また、その品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善するために要求される規格です。具体的には、品質マネジメントシステムの有効性を改善するため、プロセスアプローチを採用し、組織内において、プロセスを明確にし、その相互関係を把握し、運営管理することとあわせて、一連のプロセスをシステムとして適用します。

 
  • 一貫した製品・サービスの提供
  • 顧客満足の向上
 
ISO14001
ISO14001
ISO9001
ISO9001
 
 
 
 

SDGsへの取り組み

SDGs

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。
2015年の国連サミットにおいて全ての加盟国が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。
2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。